逆子治療専門・安産とハッピーなマタニティライフを願う女性のための治療室

逆子治療専門・安産を願う女性のための治療室

逆子治療専門
安産とハッピーなマタニティライフ
を願う女性のための治療室

アクセス
045-722-8189

東横線武蔵小杉駅3分・予約制

平日:10:00~20:00
定休日:火曜、日曜、祝祭日

安産のための12箇条2️⃣おへその両脇を温めよう

こんにちは。 幸せな安産アドバイザーの小林規智子です。

妊娠中の胎児は小さいけれども日に日にどんどん成長していきますね。
新陳代謝のスピードはとても速く。

どんどん大きくなり、廃物もたくさん出てきます。
それを外に出さなければなりません。


お腹の中では大きな大人がもう1人いるくらいの新陳代謝が起きています。

特に腎臓が疲れます。
肝臓は胎児の体から出てくるタンパク質を分解して尿素にします。

そして腎臓に運ばれて尿素は尿酸にかわりおしっこが作られ腎臓の外へ排出されます。

腎臓は心臓の力を使って外におしっこを出していきます。

妊娠中、女性ホルモンの作用により身体は緩みます。

普通は血圧は下がっています。

しかし腎臓2人分のおしっこを作るのは大変です。

もしお母さんが疲れていたり、冷えがあったりすると腎臓は硬くなります。


そのためにおしっこを作るのに腎臓に負担がかかり、心臓にも負担がかかります。

心臓もヘトヘト腎臓もヘトヘト。


放っておくと足がむくんで血圧が上がってきます。
それが妊娠中毒症です。
これは母子ともに危険です。

予防のためには腎臓を柔らかくしておくことです。
そのためには

お母さんが疲れないようにすることが大切です。
塩分を摂りすぎないことも大切。

腎臓は温めると喜ぶ臓器です。
下半身を冷やさないこと。

疲れた腎臓のケアも大切です。


ご主人様の手のぬくもりで腎臓をお腹側と背側からサンドイッチにして1〜2分間温めてもらいましょう。
腎臓はおへその両脇2センチくらいのところ奥にあります。


実は手からはすごい赤外線を出しているのですね。
腎臓の疲れを取るためにぜひ、毎日ご主人様に手を当ててもらいましょう。
とっても気持いいですよ。

ととろの森鍼灸治療室
ととろの森鍼灸治療室 安産のページのページ
044-722-8189

が定休日です。
休業日
午前診療のみ
午後診療のみ

お知らせ

LINE予約について

4月と5月の開院について

4月18日(木)、24日(水)、27日(土)は研修会のため午前診療となります。

ゴールデンウィーク中は4月30日、5月1日2日に診療いたしますのでよろしくお願いいたします。

5月15日(水)、は研修会のため午後診療となります。

5月22日(水)、23日(木)は研修会のため午前診療となります。

よろしくお願い致します。

ベビーマッサージの講座について

6月10日(月)開催予定 

子育て広場”びーのびーの”にてベビーマッサージの講座を行います。

【対象】2ヶ月〜1歳半くらいの赤ちゃん

【講師】
助産師 小野田、針灸師 小林

【内容】
・オイルを使わない3分でできるベビーマッサージ

・子育てが楽しくなる簡単ママのケア

・リピートの方も多いです。

・助産師、針灸師による子育て相談

要予約 8名
tel:045-439-7447

 

参加料 親子で500円(別途ひろば利用料がかかりますビジター500円)

 

東横線菊名駅徒歩3分(横浜市港北区篠原北1-2-18)

 

アクセス

東急東横線武蔵小杉駅3分

JR武蔵小杉駅5分

JR武蔵小杉駅横須賀線口5分

予約制

(当日でも可、予約優先)

受付時間

10時〜20時

(最終治療スタート18時)

定休日 

火・日・祭日・年末年始

〒211-0016

川崎市中原区市ノ坪66−5

ライオンズマンション214

治療内容

更新情報

2019年2月6日  安産のための12箇条(2)

ブログ更新しました!

 

2019年2月3日 安産のための12箇条(1)

ブログ更新しました!

 

044-722-8189